ネイリストの海外留学

海外留学

プロのネイリストとしてもっと上を目指している人は、海外での資格を取り、キャリアアッ
プをしようとしています。
そんな人が取得するのは、アメリカの「マニキュアリストライセンス」です。この資格は国
際ライセンスですので、世界中のどこでも働けるということです。

 

もちろん試験は英語で行われるので、英語力も必要となります。そしてこの試験を受ける為
にはアメリカのネイルスクールに入学しなければなりません。
取得する州も決まっていて、ニューヨーク州、ハワイ州、カリフォルニア州の3箇所です。

 

オーストラリアでもネイリストが国家資格として扱われています。
政府認可の総合美容カレッジ「AIAS学校ブリスベーン」では試験の内容に日本語訳がついて
くるので、日本人にとって取得しやすい国家資格でもあります。
受験料も15,000円とそんなに高くありません。
ただしスクールでは英語で授業をするので、英語力は必要です。

海外の近況

ネイル発祥地でもあるアメリカでは、ネイルサロンがハワイを含めて約7万店以上あるとい
うことです。ネイリストの人口は約60万人です。
アメリカの社会ではネイルケアは身だしなみの1つとなっており、年齢性別にも関係なくサ
ロンへ通うのだそうです。

 

一方フランスではネイルをする人が少ないということです。メイクの本場ですがネイルには
関心があまりないので、ファッション業界や芸能関係ではメイクさんがネイルもするという
ことです。

 

日本ではマニキュアを塗ることぐらいは普通になってきましたが、アートを施すというのは
まだ少し抵抗があるようです。
料金がまだまだ高いという理由もあるでしょうが、サロンがヘアーサロンのように身近にな
ればもっと行きやすくなるかもしれません。