ネイリストとして独立

独立するには??

最近乱立気味のネイルサロンですが、そんな中で新しくサロンを開業したいと思っている人
も多くいます。

 

現在の日本の経済状況で起業するということは、勇気がいることだと思います。
女性の健康で美しくありたいという気持ちを、いかにサロンへ向かわせるかが重要なポイン
トになります。

 

サロンの規模なども大切です。自分以外のネイリストを雇うのか、一人でやるのか。
そして自分がターゲットにしているのはどんな人たちなのか、主婦層なのか仕事をもつ女性
なのか、夜の繁華街で働く女性なのかなどで立地条件も変わってくるでしょう。

 

もちろんネイリストとしては資格も取得し、技術にも自身があると思います。
しかしそれだけでは起業の成功者にはなれません、経営者としての素質や人脈も必要です。
しかるべき相談者がいて、ある程度のコネクションも持っていることは大切なことです。、

ネイルサロンの現状

ネイルサロンと言っても、規模はまちまちです。大勢のネイリストがいるところから、ネイ
リストが一人で、完全予約制のサロンもあります。
ネイリストが一人しかいないサロンはフリーネイリストのようなものです。二人だけなので、
静かでじっくりと話もでき、リピーターを増やすことができそうです。

 

規模が大きなサロンなどはネイリスト同士での技術の競い合いがあるので、新しいデザイン
や施術がいち早く取り入れられたりして、流行に敏感な若い女性に人気です。

 

家庭でもできるネイルケアやマニキュアを、サロンへ足を運んでもらうようにするための工
夫やサービスの競争も激しくなっています。

 

最近では乱立気味と言われるネイルサロン、ユーザーの選択肢も増加しており、技術的な要
求も高くなってきています。新規顧客の獲得、リピーターの確保が大切です。